利尻島、おしどまりユース 港の見送り

数々の歌があるけれど
歌詞が出てこない
間違っていても結構です
歌詞を送って〜

 


ああ利尻島の登場人物

消息の分かる人
連絡をお願いします

risiri@k2f.jp

 
・その他自主申請を待ちます


おしどまりユースの歌 ああ利尻島 かっこいい奴 抱擁

 

おしどまりユース、ああ利尻島  詞:みえはる、提供

Am       Dm E7 Am         F E7
ここはサロベツ大平原 はるか彼方に そびえたつ
Dm       Am E7 F     E7 Am  E7
あれがうわさの利尻島 海の中から ぬっと出た
Am   DmAm   E7  Am  Dm  E7  Am
北の荒波 ものとせず 男がほれる あの勇姿
  Am             E7  Am E7
※ああ利尻 ああ利尻 ああ利尻島
稚内から 船が行く 荒波けたてて まっしぐら
あれが噂の利尻島 平らな礼文を友として
雄々しく そびえる利尻富士 女もほれるあの勇姿


黒ユリ咲きほこる ポンモシリ グリーンベルトは大草原
ここが噂の利尻島 輝く朝日に 燈台岬
おしどまり港に朝が来る 行こう姫沼、オタドマリ

【おしどまりユース】あ〜利尻島 やまこんぶ

作詞/作曲 やまこんぶ
(東京:高円寺にて)


おしどまりユース、抱擁 みえはる、戦国、提供

線香花火の夏が過ぎ 利尻の秋は淋しいばかり
※活字に飢え 会話に飢え 女に飢え 男に飢える
酒も飲めない体では 嫌でも生きる切なさを
嫌でも人の哀れみを 今年もまた味わって
それでも大人になれない男

変らぬ笑顔で別れよう 別れはいつも淋しいばかり

忘れなければいけない事と「一人静か」よ繰り返せ
忘れられない温もりを 今年もまた味わって
それでも大人になれない男

暖かな春は利尻にあるのか 暖かな膝で休んでもみたい
女に飢え 女に飢え 女に飢え 女に飢える
苦しいばかりが人生ならば 耐えるばかりが人生ならば
「いっそこのまま死んじまえ」と 今年もまた味わって
それでも大人になれない男


おしどまりユース、かっこいい奴  戦国、提供

かっこいい奴が かっこいい奴が汽車でやって来た
かっこいい奴が かっこいい奴が船でやって来た

すがる女を振り切って 止める女を振り切って
かっこいい奴が かっこいい奴が 飛行機でやって来た

おしどまりユース、ツッパリいい奴

ツッパリいい奴が ツッパリいい奴が汽車でやって来た
ツッパリいい奴が ツッパリいい奴が船でやって来た

すがる女を振り切って 止める女を振り切って
ツッパリいい奴が ツッパリいい奴が 飛行機でやって来た


おしどまりユース、別れ 戦国、提供

ギターを弾いて酒呑んで、女の話に涙して
外は星空、虫の声、過ぎていく過ぎていく
そうなんだ そうなんだ埋もれてしまった悲しみなんか
酒の肴にしてしまおう、酒の肴にしてしまおう。

明日あいつ島を出る、笑った顔に涙して
外は星空、虫の声、さようならさようなら
今はまだ今はまだ、お前の事でいっぱいなんだ
帰るお前と酒の夜、帰るお前と酒の夜、

同じドンブリで酒飲んで、苦い笑いも今は夢
外は星空、虫の声、思い出さ思い出さ
明日からは明日からは、見果てぬ夢の旅に出よう
お前も生きる俺も生きる、お前も生きる俺も生きる。

 

おしどまりユース、北の待ちのおみやげ屋さんの木彫りの兄さん元気ですか? 
 作詞/作曲 山下真由美(大阪) 戦国、提供

北の街のお土産さんの、木彫り兄さんお元気ですか
旅に出て知りあって、お酒飲もうと誘われて
私、お酒は飲めないと嘘をついたら笑っていたわ
北の街のお土産さんの、木彫り兄さんお元気ですか。

私の街にやって来たなら、電話してよね直ぐに行くから
今頃北のあの街は、冷たい雪が降っているんでしょ
手紙出したけど返事が来ない、あんた今頃どうしているの
いつかきっと会える日を、私は待ってるいつまでも。

北の街のお土産さんの、木彫り兄さんお元気ですか
あの青空はまだ見えますか、時々思い出してニヤニヤと
港の通りのあの思いでは、いつも私をせつなくさせる
北の街のお土産さんの、木彫り兄さんお元気ですか。お元気ですか


おしどまりユース、だるうだるう  おでこ、提供

1) 日増しに君は 顔が変わり
  頬はこけ 足取り重く
  口癖にはく言葉は だるぅ だるぅ
  おしどまりユースで 暇つぶし

  暇のない奴は 可哀想だが
  暇のありすぎも 困るもの
  朝から 晩まで だるぅ だるぅ
  おしどまりユースで 暇つぶし

  第一宗谷は 真昼間
  さびれゆく 礼文を離れ
  40分くらいで ここに着く
  だるぅ だるぅの利尻へ

2) 今日は 島内1周に
  ミニサイクルで出かけたが
  鬼脇まで来て だるぅ だるぅ
  まだ 半分も来ないのに

  今夜は利尻の夜間登山
  三合目までは よかったが
  五合目まで来て だるぅ だるぅ
  頂上までは ほど遠い

  おしどまりユースの元に集まれ
  暇を愛するものに 乾杯
  おしどまりユースの元に集まれ
  だるぅ だるぅ の子守歌


タイトル:覚えてません・・・ おでこ、提供
1) どんなに 悲しいことが あっても
  涙なんか こぼさない
  この世を嘆いて終わる話しじゃ
  淋しくて たまらない
  それより ささいな 幸せみつけて
  陽気に楽しく いきたいね
  今日は ハッピー ハッピー ハッピー ハッピー
  お祭り騒ぎ
  今日は ハッピー ハッピー ハッピー ハッピー
  一晩中でも
  今日は ハッピー ハッピー ハッピー ハッピー
  お祭り騒ぎ
  今日は ハッピー ハッピー ハッピー ハッピー
  歌い続けるよ

2) 気ままに 気ままに 生きていこうぜ
  溜息ばかりじゃつまらない
   < おぼえてません・・・     >


タイトル:覚えてません おでこ、提供

< 歌い出し おぼえてない  >

厚く積もった屋根の雪が なんだか今日は 暖かい

東京ではこんなに 暖かな春だって言うのに
まだ冷たく凍えた あぁ 冬なんだね

梅と桜が一緒に咲いて 春を知らせる あの故郷(くに)では
今は もう 待つ人もいない 僕が生まれた あのあの故郷(くに)では


 
  公開日2005/12/29
   
  TOPページ
   
  更新情報!
   
  情報掲示板

パスワードヒント
ヨウコさんの娘
   
  1976、77年
   
  1980年後〜90年前
   
  参加予定者
   
 ああ利尻島…
   
 

開催日時・場所

   
  き○がいユース!
   
  情報提供下さい!

 
 旅宿情報!
 
ここまで来たら1位を
めざせ!
ああー利尻島
みんなで投票を
 
旅人ですね〜
 日本の車窓
   
1977年 昭和52年
中島みゆき
  ・わかれうた
  ・ホームにて
   
   
   
   
   
   
   
   
     著作権は初代港のゴエモンにあり 連絡先: f-risiri☆k2f.jp((☆を@に変え宛名に入力下さい)